【妊娠初期】に知っておきたい3っつの〜

元気な赤ちゃんを産むためにお母さんが知っておきたい3つの注意点をお伝えします。

その前に、そもそも妊娠が分かった段階で、赤ちゃんはもうお腹に命を宿している

という事ですから、赤ちゃんにとって重要な時期である「妊娠初期」に関して、少しお伝えします。

妊娠初期

妊娠初期とは、妊娠0~11週の約2カ月を指します。(0~4週を超妊娠初期ともいう)

この頃は、つわりやだるさ、便秘、頻尿などの症状が出たり、お母さんの体調が不安定な時期です。激しい運動は避けましょう。

食生活では、飲酒やタバコは控えてくださいね。

一報、妊娠初期には、赤ちゃんのからだのもとになる三胚葉が形成されます。

この時期に十分な栄養が摂れているかどうかが、赤ちゃんの健康な成長に関わって

きます。

妊娠初期に最も重要な栄養分のひとつが、葉酸です。

葉酸には、先天性障害や流産のリスクを軽減し、お母さんの貧血を改善したり、

母乳の出を良くしてくれる等、色々な良い効果が期待できる栄養分です。

なので、妊娠初期に摂るべき葉酸について正しい知識を得て、

元気な赤ちゃんを出産しましょう!

「適度な運動」

→元気な赤ちゃんを産むためにお母さんが知っておきたい3つの注意点の1つ目です。

それは「適度な運動」です。

「妊娠中なのに運動しても大丈夫なの?」と思ったかもしれません!

ですが、実は、妊娠中だからこそ運動した方が良いのです。

前提として下記にあてはまる場合は運動してはいけないです。

  • 貧血の場合
  • 切迫早産の可能性がある場合
  • 全治胎盤などの胎盤に異常がある場合
  • 子宮内胎児発育不全の場合
  • 医師から安静と言われている場合

また、先ほど妊娠初期には運動は避けた方が良いとお伝えした通り、妊娠15週目あたりまでは、運動は控えてください。

15週~35週までは、運動して大丈夫です。

運動で得られる効果

妊娠中に運動する事で、色々な良い効果が得られます。

【体力の強化】

出産時にはとても体力を使うので、今のうちに体力をつけておく事が必要です。

【体重管理】

カロリーを消費できるので、体重管理に最適です。

【むくみ・便秘解消】

妊婦特有の不快な症状を緩和できます。

【子宮への血流向上】

脈拍数が110~120だと、全身の血の巡りが良くなり、子宮への血流が良くなります。

【ストレス発散】

色々な初めての症状が出てくる事でお母さんはストレスを抱えてしまうので、

体を動かす事でリフレッシュする事ができます。

妊娠中の運動には、有酸素運動が特におすすめです。

有酸素運動は、お腹の赤ちゃんに栄養が届きやすい体づくりをする事になるので

ウォーキングやスイミングなど、体に負担が少ない運動を行う事で元気な赤ちゃんを

産む体の土台を作っていきましょう。

ストレス

2つ目は「ストレス」です。

妊娠中のお母さんには、妊娠前には無かったストレスがたくさん出てきます。

このストレスをいかに軽減できるかが、元気な赤ちゃんを産むために必要です!

妊娠中のストレスの主な原因

【体の変化・不調】

つわり・腰痛・むくみ・便秘・だるさ等の症状が出てきます。

【食生活の変化】

お酒・タバコ・カフェイン・生ものが制限されます。

【産後の生活への不安】

赤ちゃんが健康に生まれるか・経済的負担に対応できるか・育児がちゃんとできるか

といった不安がでてきます。

【配偶者や周囲との関係】

自身はお腹に赤ちゃんがいますが、配偶者は変化がなく、父親としての自覚が無いような行動が目に付くとストレスを感じます。

親や親戚からの干渉もストレスになる可能性があります。

このようなストレスは赤ちゃんにも影響します。

流産や早産の危険性、喘息やアレルギー性疾患、大きくなってからうつ病等の精神疾患を患ったり、病気にかかりやすくなったりする可能性が高くなります。

とはいっても、妊娠自体がストレスなので、ストレスを無くすという事は無理です!

なので、取り除けるストレス源は取り除いて、少しのストレスは受け入れる心のゆとりが持てるようになる事が必要ですね!

食事

3つ目は、「食事」です。

妊娠中は赤ちゃんにしっかり栄養を届けるため、出産に向けて体重管理と体力維持のためにも食事はとても大事です。

特に重要な栄養素は

  • 葉酸
  • 鉄分
  • DHA・EPA
  • カルシウム
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC

です。

その中でも妊娠中、特に意識して摂りたいのが「葉酸」です。

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミン。細胞分裂に不可欠で、神経管の先天性異常の発症リスクを軽減させる効果があります。

厚生労働省も妊娠中は400μgの葉酸を摂る事を推奨していますね。

ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれており、ほうれん草100gあたり210μg含まれてますが、水溶性なので茹でると半減してしまいます。

【葉酸をサプリで飲む必要性】

葉酸はできるだけ食事で摂りたいところ。ですが、働いているお母さんも多い昨今、毎日コツコツ葉酸の量を計算しながら料理もして・・・というのは結構大変です。

なので、サプリメントを取り入れて効率良く継続して飲むようにするのが賢い選択でしょう。

ベルタ葉酸

「葉酸サプリを試してみたいけど安全性が気になる」

「どの葉酸サプリがいいのか分からない」

「そもそも、赤ちゃんが心配でサプリメントを飲む事自体迷う」

といった悩みをもっているかお母さんは多いですよね。

そこで今回は話題の葉酸サプリ、「ベルタ葉酸サプリ」が妊娠中でも安心して飲める葉酸サプリとの事なのでご紹介します。

【ベルタ葉酸サプリの特徴】

・酵母葉酸100%

ベルタ葉酸サプリの葉酸は通常の葉酸ではなく、酵母葉酸を使用しているので、他の葉酸サプリ以上に効率よく葉酸を摂取できます。

・葉酸以外の栄養素が豊富

先ほどの妊娠中に摂取したい鉄分・ビタミン類・DHA・EPAなどの栄養素がバランスよく配合されているので、ベルタ葉酸を飲んでいれば、妊娠中に必要な栄養素が摂れちゃうんですね。

・GMP認定工場で製造されている

ベルタ葉酸サプリは日本国内の「GMP認定工場」で作られています。

これは一定の品質を保って安全に作られていると認められた工場の事です。

更に、ベルタ葉酸は「医薬品GMP」という、より厳しい基準をクリアしているので

赤ちゃんの事を心配するお母さんでも安心して飲めるサプリメントなんです。

・つわり中でも飲める飲みやすさ

ベルタ葉酸サプリは香料不使用なので人工的なきつい匂いがありません。

粒の大きさも9mmと他の葉酸サプリと比較しても小粒なサイズなので、

つわり時期でもかなり飲みやすい葉酸サプリなのでおすすめできます。

・有名人にも人気

道端アンジェリカさん

ぺこさん

宮城舞さん

SHEILAさん

山本モナさん

PINKYさん

尾崎紗代子さん

ベルタ葉酸サプリは最近CMを放映していた事もあってか、有名人の方も愛飲しているみたいです。

有名人で色々な商品を手にする機会が多い中で選んでいるので、良い商品だと言えるのでしょうね。

オファー

そんなベルタ葉酸サプリですが、今年5周年を迎えたという事で

実は、5周年記念キャンペーンを行っています。

定期初回がなんと66%オフで購入できるので、この機会にベルタ葉酸サプリを試してみては如何でしょう。